ホーム > 
  
新 琴 似 連 合 町 内 会 会 則
  
   (名称および事務局)   
 第 1 条 この会は、新琴似連合町内会と称し事務局をプラザ新琴似地区会館内に置く。   
  
   (組  織)   
 第 2 条 この会は、札幌市北区新琴似地域の単位町内会をもって組織する。   
  
   (目  的)   
 第 3 条 この会は、単位町内会の健全な運営に協力し、相互に親睦を深め関係諸団体と連携し、社会福祉と文化   
      の向上に努め、地域の発展に寄与することを目的とする。   
  
   (事  業)   
 第 4 条 この会は、前条の目的を達成するため、次に掲げる事業を行う。   
     (1)単位町内会及び関係諸団体相互の親睦に関する事項       
     (2)単位町内会及び関係諸団体との連携協力に関する事項    
     (3)社会福祉の向上並びに環境衛生に関する事項    
     (4)交通安全並びに防犯・防災思想の普及推進に関する事項    
     (5)青少年の健全育成並びに文化芸能活動の促進に関する事項    
     (6)健康づくり運動の推進及び各種研修に関する事項    
     (7)新琴似新聞の発行に関する事項    
     (8)新琴似歌舞伎の伝承に関する事項    
     (9)その他この会の目的達成に必要な事項    
  
   (役  員)   
 第 5 条 この会に次の役員を置く。   
     (1)会  長   1  名       
     (2)副会長   若干名    
     (3)部  長   若干名    
     (4)監  事   2  名    
  
   (役員の選出)   
 第 6 条 この会の役員は、単位町内会長の中から、別に定める細則により役員選考委員会を設け、同委員会で役   
      員候補者を選考し、総会で選出する。   
      2 女性部長は単位町内会女性部長の中から女性部総会で選出し、総会に報告するものとする。   
  
   (役員の任務)   
 第 7 条 この会の役員の任務は次の通りとする。   
     (1)会長はこの会を代表し、会務を総括する。      
     (2)副会長は、会長を補佐し、会長に事故があるときは会長があらかじめ定めた順位により、その職務を代行   
       するほか、部長に事故があるときは、その職務を代行し執行する。   
     (3)部長は次の担当専門部の業務を執行する。   
          総務部 会計部 交通安全部 防犯防災部 環境衛生部    
          青少年部 社会福祉部 保健文化部 女性部   
     (4)監事は、事業及び会計を監査し、総会に報告する。   
  
   (役員の任期)   
 第 8 条 この会の役員の任期は2年とする。ただし、再任を妨げない。   
      2 役員に欠員が生じたときは、役員会議で補充し総会に報告する。   
      3 補充した後任者の任期は、前任者の残任期間とする。   
  
   (顧  問)   
 第 9 条 この会に、顧問をおくことができる。   
      2 顧問は役員会議の推薦とし、会長が委嘱する。   
  
   (事 務 局)   
 第 10 条 この会に事務局を置き、事務局長その他必要な職員を置くことができる。   
      2 事務局長は、会長の指示を受け、会務に関する所定の事務を執行する。   
      3 事務局に関する必要な事項は、事務局細則に定める。   
  
   (会議の種類)   
 第 11 条 この会の会議は、定期総会、臨時総会、単位町内会長会議、役員会議及びブロック会議とし、ブロック会   
       議を除く会議の議長は会長がこれに当たるものとする。   
  
   (会議の構成)   
 第 12 条 定期総会及び臨時総会は、役員並びに単位町内会長及び単位町内会より選出された1名の代議員をも   
       って構成し、その過半数の出席で成立する。   
      2 単位町内会長会議は、役員及び単位町内会長又はその代理者をもって構成する。   
      3 役員会議は、会長・副会長・部長及び監事をもって構成する。   
  
   (会議の議決)   
 第 13 条 この会議の議決は、出席者の過半数をもって決し、可否同数のときは、議長が決する。   
  
   (総会の議決事項)   
 第 14 条 総会は、次の事項を審議し決定する。   
     (1)事業報告及び決算報告に関する事項       
     (2)事業計画及び予算に関する事項    
     (3)会則の改廃に関する事項    
     (4)役員の選出に関する事項   
     (5)前各号に掲げるもののほか、役員会議において総会に付議する必要があると認めた事項   
  
   (会議の開催)   
 第 15 条 この会の定期総会は毎年5月に開催する。   
      2 臨時総会は、役員会議で必要と認めたとき、または3分の2以上の単位町内会長の要求があったときに   
       開催する。   
      3 単位町内会長会議及び役員会議は必要の都度開催する。   
  
   (経  費)   
 第 16 条 この会の運営に必要な経費は、単位町内会からの分担金並びに補助金・受託手数料・その他の収入を   
       もってあてる。   
  
   (分 担 金)   
 第 17 条 分担金は、単位町内会会員一世帯当たり年額320円とする。   
  
   (特別事業)   
 第 18 条 この会は、総会の承認を得て特別事業を行うことができる。   
      2 特別事業は別会計とし、その収支決算終了後、残金は一般会計に繰り入れるものとする。   
  
   (事業年度)   
 第 19 条 この会の事業年度は、4月1日より翌年3月末日までとする。   
  
   (細則の制定)     
 第 20 条 会務の円滑を期するため、役員会議で細則を定めることができる。   
      2 会長は、細則を定めた場合には、単位町内会長会議にて報告するものとする。   
  
   (弔  慰)   
 第 21 条 この会の弔慰については、細則の定めによる。   
  
   (表  彰)    
 第 22 条 この会の表彰については、細則の定めによる。   
  
    附  則   
 この会則は昭和40年7月3日よりこれを実施する。   
  一部改正  昭和49年 4月 1日   
  一部改正  昭和52年 4月24日   
  一部改正  昭和61年 4月26日   
  一部改正  平成 2年 5月12日   
  一部改正  平成 3年 5月18日   
  一部改正  平成 5年 5月15日   
  一部改正  平成 6年 5月13日   
  一部改正  平成 9年 5月16日   
  一部改正  平成10年 5月16日   
  一部改正  平成14年 5月18日   
  一部改正  平成15年 5月18日   
  一部改正  平成19年 5月20日   
  一部改正  平成20年 5月18日   
  一部改正  平成21年 5月24日   
  一部改正  平成25年 5月25日